指先の口。

占術屋火風鼎の青い方、コウヤコトの気まぐれ雑記。卜術は「偶然を辻褄合わせすることで擬似的な客観視を得る補助具でもある」という捉え方と、擬人化に馴染みのあるオタクな事も相俟って、己の占具は仲間にしたポケモンみたいな感覚。充足理由律も、世界五分前仮説も、量子力学の解釈問題も、統計学も民俗学も、映画ミストの寓意も興味深いと感じる、運命数11の翼宿。HSS型HSP傾向(https://ikedamasumi.com/hss-hsp/)
占術屋火風鼎の青い方、コウヤコトの気まぐれ雑記。

卜術は「偶然を辻褄合わせすることで擬似的な客観視を得る補助具でもある」という捉え方と、擬人化に馴染みのあるオタクな事も相俟って、己の占具は仲間にしたポケモンみたいな感覚。

充足理由律も、世界五分前仮説も、量子力学の解釈問題も、統計学も民俗学も、映画ミストの寓意も興味深いと感じる、運命数11の翼宿。
HSS型HSP傾向(https://ikedamasumi.com/hss-hsp/)
もるもるもる。

もるもるもる。

もっちりモルモットタロットさんが昨日届きましたー!
かぁああわいい!!
昔飼ってた子には愚者が似てて運命の輪や塔や審判にもいるからにこにこしちゃう。
でもお気に入りもるもるは法王です。美形〜。
以前からあるチンチラ飼いたい欲まで癒される。
最近アルカナだけで占うのにちょっとハマってきてたりするので、うちのもるもるずとして仲良くなっていきたいな〜。
自分の歩き方。

自分の歩き方。

今月、自分の人生を見直さなければいけないようなちょっと大きな出来事があって。
以前にその事を屋敷の人で占ってもいたので、山場を過ぎた今、これからの生き方というか身の振り方というか歩き方を占ってみよう、と。
今度はケルト十字でなくヘキサグラム。
ちなみに普段スリーカードを多用しているので、左右が時系列を表す場合は左が過去・右が未来で統一しています。
(この写真だとソード7が現在、月が未来)

そしたらなんか、「あなた、私達に訊くまでもなくもう答えを出しているでしょ?」って言われた気がした。

安穏とした生活に浸りきりながら心の中で言い訳にしていた狡さや免罪符が処罰のように奪われた事で、今度こそ漠然とした不安や妄執の霧が晴れて現実に目を向ける。
どうするべきかと言うよりは何をしたいか何を選びたいかはもうとっくに決まってて、必要なのは熱意やチャレンジだけ。どうせ開かないとでも思って叩きすらしないのにずっとその付近をうろうろしてたその扉の存在を認識したら、もう、背負い込む事はしなくていい。趣味も仕事も楽しんでいくのが鍵。

……まさかリーディングしながらちょっと泣くとは思わなかった。ペンタ5の逆位置が特に。
確かに私はそこから離れないくせに扉は叩かない。性格的なものもあるけど。
このカードの絵柄だと、困窮者が正位置では左(過去)を向いていて逆位置になると右(未来)を向くことになるのが何気に気に入っていたのだけど、なんか、まさかその要素がこんなにダイレクトに響くなんて。
未来が唯一の大アルカナ。意識ひとつで相当おおきな変化へ繋げられる。
……最初に今回の件を占った時、正位置だったソード7は、山場を超えて逆位置になったんだなぁ……。
仲間にした占具。

仲間にした占具。

タロットデッキが3つ、大・中・小。
参照の異なる大アルカナが2つ。
要素の異なるルノルマンが2つ。
性質の異なるオラクルカードが3種。

上記の順で写真下段右から時計回りに、
ダークマンションタロットを「屋敷の人」
センテニアルエディションを「センテ先生」
入門書とセットだった「マカロン」と
ステンドグラスっぽい「アルカナ」と
この中で最古参の「日本神話タロット」はそのまま、
入門書とセットだったルノルマンは「紳士」
シャーマニックルノルマンは「梟」
オラクルを「星」「ポエタロさん」「妖怪さん」
──という感じに脳内で呼んでいたりします。
屋敷の人に訊くか……紳士に訊くか……みたいな。
ポエタロさん一言くださいみたいな。

同じ性質のものはふたつも要らない、というのが私の性格的にあるので増やす時にはざっくりと役割を配分してたりするんですが、先日の梟さんで丁度10デッキになりました。
ここにトートを加えるかどうかが未だに悩ましい。
タロットのフルデッキは
大(愛玩):屋敷=ウェイト版のデザイナーズカード
中(汎用):先生=正規のスミスウェイト(ライダー)版
小(外出):マカロン=マルセイユ順のウェイト版
という感じで、取り回しや性質が明確に分かれてる現状がとても収まり良くて……。
ただ、基礎であるセンテ先生が扱いやすいサイズなのにいかにもな感じで仰々しいので、同じサイズのデザイナーズデッキがあってもいいなあとは思っているんですよね。
ちなみに大きいタロットはお屋敷が絵もデザインも読みやすさもしっくり来ていて、購入する時にタロットはこれを最後にしようと思ったくらいとても気に入っているので浮気できないのと、やっぱり嵩張って扱いにくい(愛着で乗り越えてる)ので増やさないつもりでいたりします。
そんな事もあってフルデッキは選り好みの条件がとても多かったりするので、まあその内にまた強く惹かれる出逢いがあればいいかなと……。


〈注意〉
某大手通販サイトに多数出品されているミニサイズ(トランプケース型の紙箱入り)のダークマンションタロットは海賊版です。
こんなに強く惹かれるのに私を呼んでるのはこれじゃない、という謎の感覚に従って調べまくった結果、最初に見付けたそれが海賊版(偽物)であると判明した経緯があったりします。
そのため私は発売元(ポーランドの会社)のオンラインショップから直接購入しています。
明日の運勢がよろしくない……

明日の運勢がよろしくない……

ちょっと色々ありまして約半月ぶりに職場復帰するので占ってみた。
仕事に関わる自分より上の男性というと課長を筆頭にたくさん居るのと電話相手あたりなんですが、文書や伝達関係でトラブルが起きそう。
自分の知識不足(仕事のやり方忘れてたりの凡ミスの可能性もある)などの未熟さが状況を悪化させかねないので、上司を頼るか対立せず素直に受け止めるかするべきのよう。
易で見ると『天山遯』。オーバーワークの懸念。深入りせず速やかに退いた方が災いを防げるので逃げた方がいい。
ふむ……私は退いていい立場ではある、のか。外部とのトラブルっぽいかな……?
ふたつめのルノルマン。

ふたつめのルノルマン。

トランプ数に加えて西洋占星術に当て嵌めたシンボルが記載されてるものを仲間にしました。
くまさんが可愛くて……!
12ハウス+12星座+12天体で36枚になるの、予定調和感あって好き。
易もアストロダイスもできそうなのでうまく使い分けていきたいな。
やっと使えたアストロオラクル。

やっと使えたアストロオラクル。

西洋占星術を学ぶ教材として結構前に手に入れたんですが、日本語版が無いので絵を眺めてキーワードを和訳して手持ち占星術本とも照らし合わせながら全体把握するのに時間がかかってしまった……。
今後ギリシャ神話やタロットとの照合もちゃんと付加していくつもりで取り敢えずの早見表が出来たので、一段落という事で漸くシャッフル。
このカードの使い方と、私が使う上でのアドバイスを頂いてみました。

「見た目に惹かれて買ったでしょ? まあ美しさは大事だからいいけど。洞察やフォロー方向に読み取ってもらうのが本領だから絵柄に癒されながら楽しんでくれれば自然と学びを得ていくでしょう」

と……カード自身が図柄が気に入られてるのを知ってるかのように、そんなに癒されるならただただ楽しんでよ感がすごい。
この天秤、弁護士的な(タロットの正義的な?)公平という意味のバランスよりも、どんだけこっちが傾いても帳尻合わせてくれる正にバランサー感の方が強い気がする。

解説書が読めない事でそれに依存できないのを逆手に、自分が他から知識を得る事で『一緒に成長していく』自己流カードになってくれますように。
女教皇は審判を受ける。

女教皇は審判を受ける。

28日に明暗分かれる事があるので見解、見通し、を、訪ねてみたら、びっくりするくらい前向きなカードが並んだ。
このカードの性格がまだ解らないので、女教皇逆位置の解釈によって他のカードが不安の払拭を喜んで今回の件を踏まえた上での未来の話をしているのか、柵(しがらみ)を強制廃棄したと開き直って前を見ようとしてるのか大きく分かれてしまう……。
ボトムが審判正位置だから脱却であるのは確実だと思うけれど、屋敷の住人に訊いた未来と最終結果が力の正位置と死神の逆位置だった事を踏まえると……。

私は死神を引き摺ったまま、星明かりを導に自分だけの世界をつくる決意をするのだろうか。
迷わなかった出逢い。

迷わなかった出逢い。

先日トート亜種を探してネット徘徊してたら偶然見付けた海嶌天文台様の大アルカナ(ウェイト版)が今日届きました。
人物不在でミュシャ風ステンドグラスのようなデザインに一目惚れして即決購入したら慌てすぎて住所の番地記入漏れをやらかしてとても申し訳なかったという……衝動で動くとミスが出る…_(:3」∠)_

紙質はマットですべすべ。少し薄めだけどサイズ的にはこの厚さが丁度良いと感じるフィット感。絵柄は表も裏も見れば見るほど美しい……。

顔合わせに私達についてを占ってみた。

■過去:女帝の逆位置
コレというデッキが無いのに未練がましくトート購入を悩んでてウェイト版やルノルマンや易占の飽和を指摘されてる……時間の無駄では?ほんとに要るのそれ?ってめっちゃ渋い顔が浮かぶ。
■現在:法王の正位置
このカードと出会った今。ゆっくりと信頼関係を築いてゆく時。これは契約。真摯に向き合えば間違いに気付き有益なアドバイスが得られると。私(カード)は法王足り得ると。
う、ウェイトさぁぁん……
■未来:魔術師の逆位置
あんたの事だからトートや他の占術への興味も捨てられないだろうけど、道具は使う人がいてこそ。いくつもあったところで道具から見れば主人は1人きり。あれもこれも増やしたところで中途半端になるぞと。
う、ウェイトさぁぁぁあん……!!

大アルカナのみのセットなので端的かつダイレクトなリーディングになると思いきやわりと細かな心情まで見透かされてる感じがしました。
ステンドグラス風なせいなのか、色ガラス越しの向こう側を覗くような。
特に魔術師なんて四大元素の道具が囲うように思いっきり描かれているから、タロット(ウェイト版)・ルノルマン・オラクル・易占がふわふわと私の手から浮いてしまっている事を指摘されてるように見えて、好奇心は猫をも殺すってやつですね解ります……。
このカードとの出逢い同様に迷わなかったルノルマンは結果として自分の知的財産になっていると思うけれど、それほどまでに迷う余地もなく惹かれない限りは好奇心を自制せねば手に余るのは自分でも想像がつく……。
ともあれ新たなタロットさん、これから宜しくお願いします。主に軌道修正を……。


↓今回購入したタロットはこちら。
海嶌天文台(海嶌あありすけ様)
いっそ笑える程に自分だった

いっそ笑える程に自分だった

20日の自己整理。
自覚している狡さを本当に否定してほしかったし潜在意識に最初から無理だって解ってたって出てるの顕在意識とほぼイコールで笑うしかないな……ぜんぜん潜伏してない。

最終結果のカードだけ伏せた状態でひと通りリーディング(するまでもなく見たまんま)した後に、さて最終結果は何かなって触れた瞬間、「あ、これ、死神の逆位置だ…」って急に直感したら当たっていて、思わずカードに向かって(自分に向かって)「解り易すぎるよ……」って苦笑しながら呟いた。
めくる前に何のカードか判ったの久々だったけど、改めてこう見ると流し読みしなければ他のカード達からも充分推測可能な盤面だったな……。

大体なに占っても私の象徴が出る時にはペンタのクイーンかナイトが多いんだけど、現在の問題がペンタでしかないのほんと俗物的な実利に縛られて悪い意味でブレずに生きてきた表れでしかない上に、近未来と最終結果がピンポイントで大アルカナっていう。
力の正位置なのに死神の逆位置………。
牙を剥く獅子は私か阿頼耶識か腹の中か。
捩じ伏せるのは阿頼耶識か私かナイチンゲールなのか。
力によって死神が逆位置になるのならもしかしてカップの5は杞憂の暗示で私がワンドのキングと化すせいでの死神逆位置なのかなとか。そんな。こんな思考そのものがソードの7。
きょうのおしごと。

きょうのおしごと。

業務を行っていく上で必要な物事……例えばやり方の見直しや新人教育などに対して、良かれと思う助言や完璧主義を感情的に出しゃばらせてしまうと、本来の立場や環境に悪影響を及ぼしてしまいます。
相手の立場や気持ちを立ててやり、斜め後ろに控えておくくらいの謙虚さでいれば、身の回りは自分にとって快適なものへとなっていくでしょう。
特に、物事を客観的に見たり冷静に考えるだけの余裕は忘れないよう、言動に表す前にワンクッション置くゆとりを持っていましょう。

些細なきっかけで起こる事が塔の逆位置という大アルカナレベルの警告になってるけど、それに対するアドバイスもまた大アルカナという影響力で女帝かつ正位置なので、打ち消したり回避する事は可能なよう。
自分がワンドのクイーン逆位置のような言語をするかソードのクイーン正位置のような言動をするかにかかってますね……。
NEW ENTRIES
もるもるもる。(10.26)
自分の歩き方。(10.19)
仲間にした占具。(10.16)
明日の運勢がよろしくない……(10.16)
ふたつめのルノルマン。(10.14)
やっと使えたアストロオラクル。(09.06)
女教皇は審判を受ける。(07.26)
迷わなかった出逢い。(07.26)
いっそ笑える程に自分だった(07.24)
きょうのおしごと。(06.20)
ARCHIVES
LINKS
RSS
RSS